ジンドゥーSEO~Webマーケテイングは本だけではできない。~

Web marketing
Web marketing

Webマーケテイングの勉強はどうしてる?

本?

それともセミナー? 

Webマーケテイングはデータから学びましょう!

全く必要がないと言う訳ではありませんが、本を読んで「やったつもり」、セミナーを受けて「わかったつもり」なんて事を良く聞きます。

実践して、データから学びましょう!

文章枠(ピンク)

本やセミナーだけでは学べない

Web marketing
Web marketing

ITの進化が早くて、よくも悪くも、時代によって最適な戦略が変わります。

昨今、Webライターを名乗る人が増えた理由も、コンテンツマーケティング市場が大きくなったからですね。

古い情報をずっと言い続けてるセミナーは時間も、費用ももったいないですね。

本もしかりです。

Webマーケテイングはデータと実践から学ぼう

Learn from data and practice
Learn from data and practice

成功している企業は方法論を確立しています。
しかもネットに出回ってます。

すでに体系化された情報だと効果が出来ないわけです。

自分のサイトで実験するだけです。

 

「面倒くさい?じゃあやめる?」

自分のサイトでれば実験しやすいです。

大きな企業は速度が遅いですが、自分のサイトなら実験しまくりですね。

なので、ひとつサイトを持っているといいですね。

データからWebマーケテイングを学ぶには?

How to learn from data and practice
How to learn from data and practice

以下、手順をご紹介しますね。

データを取れる環境を用意する

  • アクセス解析:Googleアナリティクス
  • キーワード解析:GoogleSearch Console
  • キーワード順位解析:Rank Tracker(Mac向け。WinならGRP)
  • 広告順位でのクリック率解析:Google アドセンス

 

文章枠(ピンク)

最初は、ぜひやりたいと言う人が多いですが、ほとんどの人はやってません。

テストを繰り返す

毎日データを見ましょう。

数字に弱いので、というのは言い訳です。

ある程度アクセスが集まったら、アドセンス広告も配置してみてください。

 

私は、これを1年続けて、お取り寄せをしてみたいです。

新しい試みをいつも心がける

情報感度を高めるためにも、新しい試みもやってみましょう。
危ない試みはダメですよ。

今後のWebマーケテイングの需要は、どうなる?

Future data marketing
Future data marketing

Webマーケティングの未来は不明です。

有能なAIが出てきたら、きっと負けてしまうかもしれません。

なので、複数のマーケティングチャンネルは持っておきたいですね。

CM、雑誌、Web、AIなど総合的に提案出来る人になりましょう。