ジンドゥーのブログで文章構成を作る手順〜ジンドゥーは構成しやすいはず〜

ブログで文章構成を作る手順〜ジンドゥーは構成しやすいはず〜

ブログの文章がうまく作れない。構成できない。
筆者もそのうちの一人です。

ブログを書くのに、今でも2〜3時間かかります。

ブログ始めたときは1日中考えたり、書き直したりしていました。
とはいえ、少しづつですが、最近ようやく少しマシになったような気がします。(自画自賛かもしれません)

 

そこで、具体的にどうしたらいいか考えてみました。

ぜひ、読んでみてください。
そして一緒に考えて頂いたら嬉しいです。

ブログ文章構成を作る手順

ブログ文章構成を作る手段)
  1. キーワードを決める
  2. もくじを作る
  3. 本文を書く
  4. 声に出して読んでみる

文章枠(ピンク)

1・キーワードを決める

キーワードは一番重要です。

キーワードこそ記事のゴール設定なので、キーワードのない記事は、目的のない記事と言えます。

2・もくじを作る

キーワードが決まったら、このキーワードを深堀りして悩んでいることをイメージしてください。

  • たとえば、ブログを書いてもアクセスはあるのか?
  • この記事はおかしくないのか?
  • 文章を書くのがへたなんだけれど、大丈夫なのだろうか?

この悩みからもくじを考えてみましょう。

  1. アクセスアップの必要な記事数
  2. 読まれる人気の記事
  3. 文章の書き方術

文章枠(ピンク)

ここまでは、個人差が出てくるところだと思います。
悩みは自分の体験にありです。

実体験を入れると、もっといいですね。

3・本文を書く

ここまでで、材料は揃いましたね。

 

読者の悩み

  • たとえば、ブログを書いてもアクセスはあるのか?
  • この記事はおかしくないのか?
  • 文章を書くのがへたなんだけれど、大丈夫なのだろうか?

悩みから考えた目次

  1. アクセスアップの必要な記事数
  2. 読まれる人気の記事
  3. 文章の書き方術

ジンドゥーだと型を決めやすい

ジンドゥーのブログは、型を決めると、とても書きやすい構造になっています。

次に、もくじを少しだけ詳しく考えてみましょう。

  1. アクセスアップに必要な記事数は○本です。

  2. 今人気の記事は○○に関する記事。だからと言って真似やコピーはダメ。
    もう少し深堀りして。人気の記事はなせ人気なのか考えてみましょう。

  3. 思いつくままに文章を書くのではなく、キーワードを入れながら、文章構成はターゲットの読み手を意識して書きましょう。

文章枠(ピンク)

このもくじプラス、ちょっとした文章を参考に文章を書いていくといいですね。

  • 結論(主張)をいう
  • 理由をいう
  • 具体例があるといい
  • 批判はしない
  • 反論せず、理解する
  • 最後にもう一度結論(主張)

むやみやたらに長文をだらだら書いても、失敗することになりそうです。

音読、あるいは誰かに聞いてもらう

指導するとかいう人は避けましょう!

ブログ記事を書く際の注意点

ブログを書く際の注意点
  • 読者はリアルで読み手をイメージして書きましょう
  • 書きたいことを書くのではない
  • 時間をかけて考える

読者はリアルで読み手をイメージして書きましょう

ブログの読みてはリアルなので、過去の自分とか知人、友人をリアルにイメージすることをお勧めします。

書きたいことを書くのではない

書きたいことを書くと、自分の話が中心になります。

もちろん経験の話は自分になりますが、書きたいこと決めてからキーワードを決めるというパターンになりかねません。

本来は、キーワードを決める→読者の悩みを考える→記事のもくじを考える→本文という手順ですよ。

時間をかけて考える

キーワードを決める→読者の悩みを考える→記事のもくじを考えるというプロセスは結構時間がかかります。

本文はそれほど時間がかからないはずです。

読者の悩みを明確にすることこそ重要

読者の悩みを明確にする

実は筆者がブログを再開したのは、Web制作で悩みが一番多かったのがSEOです。

色々な人が色々なことを言ったり聞いたりするので、どうしたらいいかわからない人が、なんと多いことか。

毎回、「口頭で説明しても、難しいよね?」の繰り返しでした。

そこで、頑張ってブログを書こうと思い立ったわけです。

一言でSEOは語れない事も伝えたかったのもあります。

というわけで、このシリーズもう少しお付き合いください。