ジンドゥーSEO対策meta description

meta description
meta description

SEO対策のmeta description(メタディスクリプション)の情報を知りたい方は多いですよね。

何となくmeta description書いてませんか?

meta descriptionの効果的な方法があります。

 

もくじ

  • meta descriptionの概要説明
  • meta descriptionのジンドゥーでの実装方法
  • meta descriptionの効果的な記述方法

meta descriptionの概要

meta descriptionの概要
meta descriptionの概要

文字が紫色のタイトルの下の文章部分です。

 

  • 検索キーワードが太字
  • 表示される文字数は120文字前後
  • 順位に大きく影響しない

文章枠(ピンク)

Googleのマニュアルを読んでみてください

Google では、ページ上のコンテンツのみから取得できる情報よりもページの概要を正確に説明できると判断した場合、ページのディスクリプション タグを使用して、検索結果のスニペットを生成することがあります。一般的に、メタ ディスクリプション タグはページの内容を簡潔かつわかりやすく要約したもので、ユーザーの関心を惹くものである必要があります。つまり、そのページがまさに探していたものだとユーザーに確信させる、宣伝文句のようなものです。メタ ディスクリプションの長さに制限はありません。ただし検索結果のスニペットは必要に応じて切り詰められます(デバイスの幅に合わせる場合など)。 サイト上のすべてのページにメタ ディスクリプションが含まれるようにする。 それぞれのページに合った説明を作成する。検索結果に表示される個々のページについて、同じまたは類似する説明を使用してもあまり意味がありません。型どおりの説明は表示される可能性が低くなります。個々のページを正確に表す説明を記述してください。メインのホームページや他の総合ページにはサイトの説明を使用し、その他の部分には各ページの説明を使用します。すべてのページに個別の説明を作成する余裕がない場合でも、コンテンツに優先順位を付け、少なくともホームページや人気ページのような重要な URL に対しては作成するようにしましょう。 明確にタグ付けしたデータをメタ ディスクリプションに含めるメタ ディスクリプションは、文章形式にする必要はありません。そのページに関するデータを含めておくだけでも効果があります。たとえば、ニュースやブログの投稿の場合は、作者、公開日、署名などを記載できます。これにより、スニペットには表示されない関連性の高い情報をユーザーに提供できます。同様に、商品ページには、価格、発売年、メーカーといった重要な情報がいたるところに散らばっていることがありますが、適切なメタ ディスクリプションには、こうしたデータがすべて含まれています。たとえば、次のメタ ディスクリプションには、書籍に関する詳細情報が記載されています。

引用元:Google検索セントラル:適切なメタ ディスクリプションを作成する

ジンドゥーでmeta description実装方法

みなさんが簡単にできるmeta descriptionのひとつです。

図で解説しますので、順番通り行ってくださいね。

 

①まず、管理画面のパフォーマンスをクリックします。

②検索エンジン最適化SEOを開きます。

ページを選択し、ページタイトルを確認し、ページ概要を書きます。

検索エンジン最適化SEO
検索エンジン最適化SEO
検索エンジン最適化SEO
検索エンジン最適化SEO

いろいろな人が。

色々なmeta descriptionを実装していますが、簡単な方法の紹介です。

meta descriptionの効果的な記述方法

meta descriptionの効果的な記述方法
meta descriptionの効果的な記述方法

meta descriptionの効果的な記述方法のポイント

文字数の成約を守り、適切なキーワードを含め、誰でも書きやすいこと!

文章枠(ピンク)

読者の問いかけや、記事の内容は逸脱せず、行動を促しましょう!

meta descriptionの品質を保ちながら量産しましょう

meta descriptionの品質を保ちながら量産しましょう
meta descriptionの品質を保ちながら量産しましょう