ジンドゥーに於けるコンテンツマーケティングの方法

ジンドゥーに於けるコンテンツマーケティングの方法

もくじ

記事作成の流れ

  1. キーワードのリサーチ
  2. デモグラフィック
  3. ペルソナの作成
  4. トップコピー:最大多数興味
  5. ボディコピー:読者の反応を決める
  6. ボトムコピー:行動を取ってもらう

文章枠(ピンク)

文章作成、タイトルの付け方、記事公開前のチェック、などなど、これから書かないといけないブログは盛りだくさんです。
書くたびにリンクを貼っていきますのでお楽しみにしてくださいね。

1・キーワードのリサーチ

ターゲットキーワードが決定したら、キーワードで類語調査をしてみてください。

  • 例えば
  • 例を挙げると・・・  

検索

  • ターゲットによりますがブログ検索(Googleもありますね。)
  • はてなブックマークで検索
  • Twitterで検索
  • InstagramやTikTokもありですね。

 

調査

実際にコンテンツにアクセスして、シェアされている上位3位まで記録します。
Memo 

  • 記事タイトル
  • URL
  • いいね!の数
  • ツィート数
  • ブックマーク数

結果

そのキーワードで求められているかわかりますね。

 

ソーシャルで拡散されてるキーワードは旬じゃないと、あっという間に古くなります。

そればかり追うと焦って不本意な結果なんてならないよう気をつけてくださいね。

2・デモグラフィックキーワード

SEOキーワードが決まったら、そのキーワードで検索している人の状況を考えてみましょう。
どのようなニーズを求めて、サイトのページを訪問したのでしょうか?

例「幼児の反抗期」

というキーワードを考えてみましょう。

 

「幼児反抗期 対処法」 というキーワードがあっても調べようとしない人はいますし、「幼児反抗期 相談」と違うキーワードで検索する人もいます。

なぜ。「幼児反抗期 相談」と検索していいるのでしょうか?

 

それは、色々試してみたが専門家に相談してみたいと思っているのかもしれません。

また、どこに相談したらいいのかわからないという事もあるかもしれません。

 

似たようなキーワードでも、ユーザーが求めているコンテンツを理解するために潜在ニーズを理解する必要があります。

 

潜在ニーズには、本人が自覚していないニーズのことです。

それが本来の解決したいニーズかもしれません。

 

表面的なニーズばかりではなく、潜在ニーズまで把握しているコンテンツが良質なコンテンツで、目指して行きたいものです。

3・ペルソナの作成

  • ペルソナの背景
  • 抱えている問題意識
  • 問題が解決できない理由
  • その解決策を求めてサイトを訪問した

ペルソナに関しては、コンテンツマーケティングの記事を充実させていきたいと思います。

4・トップコピー

検索してくれた人に対して、満足を与えられる項目を箇条書きしましょう! 

  1. 問題提起:問題を明確化する。
  2. 結果の明示:記事を読むことで結果どうなるか、具体的に明確化する。
  3. 結果の根拠:結果の根拠を伝える

文章枠(ピンク)

ボディコピー:読者の反応を決める

  • 小見出し(h3)
  • 本文

h3で読者を興味をひきつけ、本文中にh3を積極的に使用する。

しつこいのでは?という懸念は抱かなくて大丈夫です。

反対にわかりやすくなります。

文章枠(ピンク)

本文を読みやすくするための特徴

  • 簡潔
  • 具体的
  • リズム感

本文の記事形成のお勧め方法

  • リスト記事形式
  • リンク記事形式
  • 画像記事形式

文章枠(ピンク)

ボトムコピー:行動を取ってもらう

  • SNSでシェアしてもらう
  • メルマガ登録
  • 資料請求・問い合わせ

ボトムコピーは、まとめとクロージング

CAT(コール・トゥ・アクション)

 

ジンドゥーの記事大事なのはタイトル!!!

記事を読むかどうか決めるのはタイトルです。

1.〜して〜する〇〇個の方法

2.好奇心をくすぐるタイトル

キャッチコピーについてはどこかの章で、改めて書きたいと思います。

ジンドゥーホームページ公開前にチェック(重要なこと)

  • この記事を読むことで、問題を明確に伝えられているか?
  • ユーザーの問題を解決する根拠を、ロジカルに伝えているか?
  • 本文は、求められている情報を伝えれているか?
  • ターゲットに自分ごととして、問題提起をしているか?
  • 見出しを効果的に配置している構成になっているか?
  • 分かりづらいところはないか?
  • ライバルコンテンツより良い記事になっているか?

文章枠(ピンク)