ジンドゥーのSEO関連

どちらが弱いとかの問題ではなく、運営の問題だけと感じています。 サイトを作れば、SEOは自然にできていると思いますか? 無料版でも、関係ないと思いますか? 簡単に作れるけれど、SEOを意識して作る人は少ない。 (HTMLやCSSなどの知識が無くても作れますが、そこが反対にSEOの意識が薄れるのかもしれません。...
サイトマップとは、サイト内のページリンクをまとめたページで、検索エンジンと検索ユーザー双方に、そのサイトのページ内容を伝えるページです。 実はこのサイトマップ、重要な役割があります。 ユーザビリティの改善、内部SEOの向上にも関わっています。 サイトマップをしっかり設定することで、新しく公開したページや動画のインデックスされるスピードが違います。 つまり、インデックススピードやクローラー回遊性が向上すると、サイトのページや動画が検索結果画面に表示されるスピードも、検索順位が安定するスピードも違うわけです。
「ブログって何を書いたらいいんですか?」 「ブログって意味あるんですか?」 最近は、多くの人がブログを書くようになってきましたが、ジンドゥーのブログを活用しない人が多く、WEB BEEと、いつも「残念だね。」「もったいないね。」と言い続けて来ました。 ・ブログを書けないのはプロ意識の問題 ・ブログを書けない人の解決策はブログを書くこと ・ブログを継続するために、ブログを書く時間の優先度をあげること (ブログを書くのはできれば夜は避けたほうが良い。)
「せっかく、時間をかけてSEOを意識して、我ながらいい記事がかけたのに、あっさりコピペされた。どうしたらいいの?」 もくじ 1・いつの時代も耐えないコピペ記事 2・コピペされない記事とは 3・あっさりコピペされる記事
SEOコンサルに仕事を依頼すると「SEO対策に失敗する」? 本当でしょうか? キーワードを入れたら記事が上がるという話は15年前の話ですよね。 「○○○というキーワードを入れると1位を取れますよ。」「ええ〜〜〜!」 昔はそんな時代もありました。 おわかりの通り、SEOは魔法じゃありません。
全く必要がないと言う訳ではありませんが、本を読んでやったつもり、セミナーを受けてわかったつもりなんて事を良く聞きます。 1・データから、学びましょう。 2・本やセミナーだけでは学べない 3・Webマーケテイングはデータと実践から学ぼう 4・今後のWebマーケテイングの需要は、どうなる?
ブラックハットSEOとは、Googleのガイドラインを無視して、不正に検索順位を上げる手法のことです。 Googleは常にユーザーの有益性が判断基準です。 検索エンジンの技術が低いとおこる、抜け穴を探すのがブラックハットSEOで過去には横行していました。 改良を重ね、現在はほぼ無効になったばかりか、ペナルティの対象になります。
EO対策のmeta descriptionの情報を知りたい方は多いですよね? 何となくmeta description書いてませんか?meta descriptionの効果的な方法があります。 1・meta descriptionの概要説明 2・meta descriptionのジンジンドゥーでの実装方法 3・meta descriptionの効果的な記述方法
ゴール設定 キーワード作成(マップ作成で、検索ワード100以上、1000以下) 記事作成マニュアル(タイトルや見出しのキーワード挿入の雛形)
5万文字や7万文字の長文をブログ記事はスクロールで疲れますよね。 読む方も、書く方も大変だけど、拘る人が結構います。 ニーズを満たすという点からすると、ずれている気がしますが、ニーズも満たし文章量が多いのは儲けを意識しているのです。 アフィリ報酬なら尚更意識しますよね。

さらに表示する