福祉業界こそJimdoでホームページを作るべし!

介護保険法や障がい者総合支援法はよく更新される

ホームページの内容に変更があった場合、毎回制作会社に依頼すると費用がかかります。

何がどう変わったのかを制作会社に依頼するために原稿を書くことは大変な労力ですね。

毎年毎年、何かしら変更があります。

昨年度より、予防に関してはかなり細かく大きな大きな変更がありました。
こういう大きな変更は必ず訪れます。

今回はさらに自治体にもよってその内容は大きく変わるものでした。

 

施設に関してもこれまで監査対象にならなたった施設、高齢者賃貸住宅が文章一つで監査対象になります。

 

言葉や、文章が制作会社に間違ってライティングされてしまうと、監査対象になったり返戻につながったりしてしまうことだって考えられます。

 

美女子のためのWEBデザインは包括支援センターで主任ケアマネ・管理者として勤務していました。

現場経験者だからこそ、法令順守にこだわりがあります。

ますます、複雑化してくる介護業界ですがやはり間違いは許されない訳です。

大きく変わる予防に関してはホームページを足したり、引いたりして整えていかなければなりません。

 

Jimdoはそういった煩雑さを容易に解決してくれます。

例えば、予防のDをします。
Eをしますなど、ページは簡単に増やすことができます。

ページ増設は簡単にできます。

今やホームページは大きな信用につながる。

現代はホームページは大きな信用の材料になります。

ブログでの日々の発信は、利用者さん、これからサービスを利用しようとしているご本人・遠隔地の家族にとって何よりの安心材料になります。

またサービスを探している事業者、さらには行政にとっても信用材料になります。

 

正しい情報を発信することが最も重要です。

そういった意味でJimdoはタイムリーに更新して行けます。

 

医療福祉業界こそJimdoをお勧めします。