そうは言ってもやっぱり人なんです。

美女子のためのWEBデザイン
美女子のためのWEBデザイン

WEBと言えどやっぱり最後は人を大事にびないとね。

 WEB制作やっていて、痛感するのはやっぱり最後は人なんです。

 

血が通っているWEBなのか違うのかわかっちゃうんです。

いくら手作り感満載でも、血が通っているのか、そのの作品が本当に好きなのかわかってしまうのがWEBの怖いところ。

 

温かみは色でカバーできるものではないんです。

 

あなたがその仕事が、売っているものが、サービスが好きか、そこに血は通っているのか、WEB制作者がくみ取ることが出来たなら、そういうWEBになるものです。きっと。

少なくとも美女子のためのWEBデザインはそうありたいです。

 

WEB依頼者と、制作者のやっぱり人との信頼関係なんです。